So-net無料ブログ作成
検索選択

ほうれん草 [インスタント調理(ずぼら飯)]

むかしむかしのまた昔の社畜時代に大事な言葉として、

ほうれんそうが必要だと教えられた。るほど、会社務めは

体力を必要とするのでパイなみにほうれん草食べるのか?
なんて思っていたが、小心者のおいらは口に出せず口の中に

ほうれん草を放り込んでいた。
しかし、一向に成績が振るわず上司から叱咤の毎日。

そんなある日、上司からその意味を教えられ、

やっと理解できたときには、落伍者の烙印をおされた後だった。

報告、連絡、相談のほうれんそうに苦い思い出がある。

そのほうれん草が安くなって店頭に並んでいる。
おお〜!高値の頃より半値じゃああああ!
おいらは、昔から半値以下じゃああああ!
今じゃあ貧乏四畳半の半値生活が身にしみて、
安くなったほうれん草は買わなければならない

ほうれん草は、昔から胡麻和えにしなければならないと

聞いているが貧乏四畳半には、それらしきものはないのだ。

そこで簡単にゴマドレをぶっかけて、胡麻和えならぬ

胡麻ドレ和えじゃああああああ~っ!

10-IMG_5576.JPG 

おおおおおおおおおおおお!

んまいっ!

 

ほれんそうの思い出は、ほろ苦い経験だが胡麻ドレ和えは

酸味が効いて、シャキシャキしている(((o(*゚▽゚*)o)))。

 

 

 



 
 

貧乏日記ランキング
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


貧乏日記 ブログランキングへ